キャッシングカードローンで追加融資希望 増額審査より新規審査で在籍確認したほうが早い

キャッシングカードローンで追加融資希望 増額審査より新規審査で在籍確認したほうが早い

 

キャッシング・サービスでは、保証人も担保も用意しなくてもお金を借りることが可能です。ただし事前に認められる融資枠がありますので、借り入れができるのはその枠内の金額だけです。

 

たとえば融資枠(利用枠)が100万円のキャッシングであれば、一度に100万円の全額を借りてしまったら、もうそれ以上は借り入れできません。

 

しかし返済が進んでいくと利用枠が復活しますので、復活した分の追加融資は受けられるのです。

 

もう少し詳しく説明しますと、100万円借りたけれども70万円の返済は済んだとします。

 

この場合、確かに残り30万円の返済はこれからですが、70万円の返済は済んでいますので、70万円までは借り入れができるという意味です。

 

とにかく借り入れ総額が融資枠である100万円に達していないなら、まだ追加融資を受ける余地は残されているのです。

 

ところでキャッシング・サービスでも、増額の申請は可能です。たとえば今までは融資枠が50万円のサービスを利用していたけれども50万円では足りなくなってしまった場合などは、100万円とか200万円などに増額申請をすることも可能なのです。

 

ただし、どんなサービスにも最大融資枠が決められています。その最大融資枠を超えるような金額を申請することは不可能です。

 

また、増額申請にも通常の申し込みと同様、審査はあります。たとえ増額の申請手続きを完璧にしても、増額審査に通らなければ融資枠を増やしてもらうことはできません。基本的に、その増額審査は決して難易度が低いとは言えません。

 

その審査に無事に通るためには、ある程度の期間、無事故で借り入れをし続けた利用実績の積み重ねが必要です。ですから、もしも利用実績も無いのに申し込んでも、審査に通る可能性は殆ど無いと考えるべきです。

 

それから増額審査の場合にも、一応、在籍確認はあります。ただし金融機関によっては、時と場合によっては在籍確認を省略するケースもあります。ですから、絶対にあると断言することはできないのです。

 

いずれにしても在籍確認とは、審査の総仕上げのようなものだと考えて間違いありません。

 

ですから申し込んだ人が本当にその会社で働いていることが確認できさえすれば、それで審査には通るのです。

 

在籍確認をしたのに審査に落ちる人というのは、その会社に電話をしたけれども申し込んだ人は既に退社した後だった、というような場合だけです。つまり、単にウソがばれたから審査に落ちてしまうというだけのことです。