無担保、有担保事業者ローンの知識

無担保、有担保事業者ローンの知識

無担保、有担保事業者ローンの知識

基本的に事業者ローンは担保や保証人を必要としませんが、中には担保を使えるローンもあります。

 

無担保でローンを組めることは利点の1つではあるのですが、金利が高く、借り入れ上限額も少額になりがちです。

 

借入金額に上限がある無担保融資は、大きな設備投資を必要としている時や、会社を設立したい時などに必要になることがあります。

 

担保を入れることで、より低い金利で、大口の融資を受けることが可能です。

 

担保がない融資より、担保がある融資の方が、金融会社にとってもリスクが低くなります。

 

担保という保証があれば、金融会社も融資がしやすいでしょう。返済期間を長めにすることもできるので、事業経営も安定するでしょう。

 

有担保の事業者ローンを利用する場合、土地を担保にする場合は抵当権の設定などが必要です。

 

この方法のネックは、抵当権の設定や、ローンの審査に時間がかかってしまうので、

 

時間的余裕のある人向けという点です。

 

電話なしキャッシングを探しているかたは特にこの点を注意してください。

 

何らかの事情で返済ができなくなれば、担保を処分されてしまう可能性があります。

 

融資金額は高額ですが、返済ができなくなった時の覚悟が必要になるでしょう。

 

長所と短所の両方が、有担保の事業者ローンにはあります。

 

融資を受ける時にはどんな借り方がいいかじっくり考えることが大事です。

 

特に電話なし借り入れを希望される方は、消費者金融選びを慎重に行ってください。

 

電話なし借り入れ可能な金融機関は、SMBCモビットと、プロミス電話なし借り入れが基本です。

 

※ SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なし

車の車検とタイヤ交換

キャッシング即日を利用したのは自家用車の車検や修理が重なったためです。

 

通勤にレジャーにと日々フル稼働している自慢の愛車ではあるのですが、

 

お財布事情が苦しい時に車検の時期が迫ってくるのは勘弁して欲しいところです。。

 

こんな時には「軽自動車にしとけば良かったな」と少しの車検費用の違いなどを出して思ってしまいがちですが、車検は車検で必要なものなので、逃げるわけにはいきません。

 

タイヤもかなりすり減っていたのはわかっていたので、どうせお金がないのなら、この際タイヤも交換してしまおうとまとめて検討することになったのです。

 

車は絶対的に必要な物ですので、使い物にならなくなってはしょうがない。思い立ってカードローンを作って20万円を借りることにしました。

 

選んだのはよく利用している口座でもある三菱東京UFJ銀行のカードローン。

 

三菱東京UFJの口座がなくても問題ないそうですが、知名度と安心感でキャッシング即日の申し込みを決めました。

 

少額だったこともあり、収入証明書の取得であるとか、面倒な書類は必要ありませんでした。

 

在籍の確認も、私の勤務先には銀行名で在籍のみを確認するだけということだったので、銀行名ならばと不安感もなくなりました。

 

その日のうちに審査が終わり、入金されるというスピード感には便利さを感じました。急な出費の際にはまたキャッシング即日で乗り切ろうと思っています。