新生銀行レイク 低金利で職場への電話なしでお金借りるなら消費者金融と新生銀行カードローンどちらがいい?

新生銀行レイク キャッシングとカードローン

 

低金利でお金借りるための選択肢として、「新生銀行カードローン」「消費者金融」の二つを比較した場合、ほぼ確実に前者、【新生銀行カードローンの方が低い金利で利用できる】と言えます。

 

これは、新生銀行カードローンの設定金利が4.5〜14.8%であるのに対し、消費者金融系カードローンのほとんどは最大金利が18%付近に設定されているためです。

 

最小金利を比較した場合は、消費者金融系カードローンの中にも4.5%程度に設定されているものはたくさんあります。また、中には更に低い最小金利を設定している消費者金融系カードローンもあります。

 

しかし、カードローン契約の仕組み上、【初回契約時にはほぼ最大金利付近が選ばれる】という性質があるため、14.5%と18%を比較して判断することが必要です。

 

勘違いしている人が多いですが、たとえば1.0〜18.0%という設定金利のカードローンと、10.0〜15.0%という設定金利のカードローンを比較する場合、ほとんどの状況で後者の方が低い金利で契約できます。

 

見た目上の金利の低さで言えば、1.0%と10.0%と10倍もの開きがあることで、「最小金利1.0%の方が魅力がある」と考えてしまいそうなところです。

 

しかし、先に挙げた理由により、本当に比較すべきは最大金利である18.0%と15.0%の方です。

 

カードローンは、【契約上の限度額(借りた金額ではなく借りられる金額)が高くなるほど金利の上限が下がる】ため、

 

大きな借り入れをしない限りは最小金利で契約することはできません。

 

各カードローンごとに最大融資金額は違いますが、銀行系カードローンならば1000万円、消費者金融系カードローンならば800万円ほどが最大金額です。

 

つまり、これだけの金額を借りなければ最小金利で契約できることは「ほぼない」ということであり、現実的にそれだけの金額を借りられる人は限られます。

 

また、各カードローンともに【信用や実績がない人物に対して高額な貸付けを行うことを避ける傾向がある】ため、

 

最終的には最小金利で利用できる可能性があったとしても、初回契約時には最大金利が適用される範囲である50〜100万円までの契約となることがほとんどです。

 

また、消費者金融系カードローンは「総量規制」の対象となるため、800万円の融資限度額が設定されるためには年収2400万円が必要です。

 

もっとも、年収2400万円あれば誰でも可能性があるということでもなく、少なくとも3000万円くらいの年収がないと可能性はないと考えた方が賢明です。

 

それだけの年収がある人が消費者金融系カードローンを利用する理由は、「他の方法ではお金を借りることができないから」でしかなく、何らかの理由で銀行から融資を受けることが難しくなっています。

 

もちろん、あえて銀行ではなく消費者金融を利用するという考えになる場合もありますが、多くの場合で「返済能力に乏しい人物」と評価されてしまっています。

 

つまり、可能性はゼロではないにしても限りなくゼロに近い条件だと言えるため、現実的に金利を比較する根拠は【最小金利ではなく最大金利である】ということになります。

 

また、銀行系カードローンは総量規制の対象にはならないので、年収2000万円くらいでも1000万円の借り入れが可能だと判断される可能性もあります。

 

この辺から見ても、総合的に低金利で利用できる可能性は銀行系カードローンの方が高いと言えるため、結論として「新生銀行カードローンの方が良い」となる訳です。

 

ただし、「職場連絡なし」を重視する場合には、電話以外の方法で在籍確認を行ってくれるカードローン業者を優先した方が賢明となるため、銀行系ではなく消費者金融系を優先する選択肢もあります。

 

 

キャッシングとカードローンはどう違う?

 

新生銀行レイク 低金利で職場への電話なしでお金借りるなら消費者金融と新生銀行カードローンどちらがいい?

「カードローン」と「キャッシング」の違いはどのようなものでしょうか?

 

借り換えをしたいと思った場合、キャッシングで借り換えようと思うかもしれません。

 

カードローンとキャッシングは違う物なのでしょうか。

 

簡単にいえば、お金を借りると言う点では同じものです。

 

お金を金融機関や消費者金融から借りる事全体をキャッシングとよびます。

 

キャッシングの中でカードを使って借りる方法をカードローンと呼びます。

 

キャッシングの中には、カードを発行せずにお金を貸すような形式もありますので、

 

その場合、カードローンとは呼びません。

 

具体的に言えば、キャッシングの方が大きな括りです。

 

キャッシングの中の一部がカードローンと言う様に覚えておいてください。

 

キャッシングは少額融資であることがほとんどで、限度額ギリギリまで借りる人はそう多くはありません。

 

 

キャッシングの審査を受けたその場でカードが発行され、即日お金をかりる事もできます。

 

返済に関してもいえば、必ずしも借りたお金を全額1回で返済しなくてはいけないと言う事ではありません。

 

キャッシングでもカードローンでも分割で返すのが通常です。

 

また、他の消費者金融でお金を借りていて、

 

他社金融機関に借り換え目的で利用する方も多い現状です。

 

返済計画のない状態で、借り過ぎない様に返済の仕方をしっかりと計算してお金を借りてください。

 

キャッシングとカードローンに特に明確な違いと言う物はなく、利用方法や返済方法等はほぼ同等です。

 

モビットのように、モビットWEB完結と、

 

モビットカードローンと商品がわかれている場合は、

 

利用方法が少し異なりますので、公式ページを確認してみてください。

 

契約する金融機関によってカードローンや、クレジットカードにくっついているキャッシングと言ったりします。

カードローンとは

カードローンという単語を耳にすることがよくあります。

 

カードローンは一般的なローンとどこが違うのわからないという人もいます。担保や保証人がなくても、カードローンは使えるという特徴があります。

 

カード発行時に取り決めてある限度額をオーバーしなければ、キャッシュカードやクレジットカードを使って何回でもカードローンはお金が借りられます。

 

審査をクリアしなければ、カードローンの融資を受けることはできません。カードローンでは、個人の信用に対してお金を貸しているためです。

 

人によっては、審査の条件が超えられずに融資はできないと言われたりもします。審査に通らない人は、毎月の収入が不安定で、

 

現時点で働いていない人か、勤続期間が短いという人です。借り入れの希望金額や、期間によっては、審査をクリアできないこともあります。

 

クレジットカードでのキャッシングは、次のカード決済日で一括で払うことが多いですが、カードローンはリボ払いが基本です。

 

リボ払いのキャッシングができるという金融会社も最近はあります。カードローンもキャッシングも、それぞれサービスの幅が広がり、違いが減っています。

 

銀行系と消費者金融系の金融会社の両方に、カードローンやカードローンが存在します。

 

金融会社によって融資の条件や金利が違いますので、各社の融資の条件を比べた上で、どのカードローンを使うかを決めるようにしましょう。