Mr.カードローンで素早く車の修理ができた

Mr.カードローンで素早く車の修理ができた

この間、お金がないときに利用させてもらったのがMr.カードローンです。

 

金利も低く、審査のスピードも速いです。

 

これからも、お金が足りない時にはMr.カードローンを利用させてもらおうと思います。

 

私は車の修理に、50万円が必要になりました。まとまった貯金もなく、どうやって支払えばいいのかわかりませんでした。消費者金融からお金を借りようと思いました。

 

金利の面でさらに有利な住信SBIネット銀行のMr.カードローンを利用することに決めました。

 

Mr.カードローンのいいところは、収入証明書がいらないというところです。300万円までなら、収入証明書を提出する必要がなく手軽です。

 

しかも、明細書が自宅に送られてこないので、Mr.カードローンからお金を借りた事実をうちの家族に知られることもありません。

 

個人のプライベートを大事にするのがSBIネット銀行のMr.カードローンです。

 

申し込んでから1週間くらいで審査も終わりました。手軽に50万円を手に入れることができました。車の修理も無事にすることができました。

 

これからもお金が必要になった時には、住信SBIネット銀行のMr.カードローンを利用しようと思います。使いやすいカードローンです。

住信SBIネット銀行のMr.カードローンで新車が購入できた

40歳の男性です。私はこの間車の購入をしました。支払った金額は450万円でした。もちろん私はそんなに貯金もなく、ほしい車がすぐに買える状態ではありませんでした。

 

私のような安月給の男でも、住信SBIネット銀行のMr.カードローンを利用することで高額な車でも購入できました。

 

Mr.カードローンの住信SBIネット銀行の私が一番気に入っているところは金利がとても安いところです。

 

私が450万円を借りたとき、金利は6%でした。この金利でお金を借りることはなかなかいきません。

 

消費者金融よりも有利だと思いました。

 

審査のスピードに満足しています。消費者金融ほど早くはありません。しかし、450万円を借りるのに約1週間しか変わらなかったのは、評価するべきポイントでした。

 

お金を借りた明細が自宅に送られてこないのも褒めるべきポイントです。お金を借りた事実が自宅に送られてこないと、家族にお金を借りたことがばれません。

 

住信SBIネット銀行は個人のプライバシーを一番に考えてくれるカードローンだと思います。

 

450万円の新車を購入し、今では大満足です。まとまったお金が必要な時に、一番頼りになるのがMr.カードローンでした。これからもピンチの時にはサポートをしてもらおうと思います。

 

住信SBIネット銀行カードローンの在籍確認情報 どうしたら電話なしで審査できる?

 

カードローンなどでお金借りるときに気になるのが審査で行われる在籍確認です。本当に記載された勤務先に在籍しているのか調査する目的で行われるものであり、総量規制の対象外で年収による借り入れの上限に法的な制限のない住信SBIネット銀行カードローンの場合も貸し倒れの危険性をなくすために行われます。

 

このときの確認方法ですが、一部の消費者金融では社員証や直近の給料明細を提出することで電話の代用にすることが認められていますが、住信SBIネット銀行カードローンの場合は勤務先への電話確認が必須となっています。そのため、どうしても電話をされるのが困る人の場合は利用できません。

 

 

ただし、プライバシーに配慮して確認は行われるので、自分で直接電話に出ることができず、取次の人が間に入った場合でもカードローンの在籍確認と気付かれる可能性は低いです。住信SBIネット銀行カードローンでは担当者の個人名と銀行名のどちらで電話をかけるか選べるので、希望するものがあれば申し込みの際に伝えておくと良いでしょう。

 

なお、電話自体は番号の通知設定で行われるので、個人名でかかってきた場合でも電話番号を調べれば住信SBIネット銀行からのものであると分かります。携帯電話が普及している現代では、わざわざ勤務先に私用の電話がかかってくることで勘の良い人には気付かれる場合があります。また、個人名を使わせることで、ローンの返済に遅延して督促されているのではないかと疑われる危険性があります。そのため、銀行名を名乗ってもらうことも検討しましょう。様々なサービスが提供されているので、何の電話であるのか答えられるようにしておけば周囲に聞かれたときに誤魔化すことができます。

 

 

在籍確認の電話の内容自体も難しいことを聞かれるわけではないので心配することはありません。本人が出ることができれば氏名や生年月日等の本人を確認するための情報を、外出しており、受けられなかった場合でも取り次いだ人が在籍していることを示せる応答をしていれば問題ありません。なお、4月などの新入社員が入ってくるような時期に申し込んだ場合には注意が必要です

 

。一般的に電話の応対を新入社員にさせる会社が多く、勤務先もそのようなことを行っている場合、入社したばかりで他の社員のことを把握できていない人が電話に出てしまった場合、呼び出しに対して在籍していないと誤って答えてしまい、在籍確認に失敗してしまうことがあります。在籍確認まで進んでいれば審査に通る直前まで来ているので、ここで失敗しないように、電話の応対をしている人が誰なのか分かっている場合は名前を覚えてもらっておくと良いでしょう。

 

 

このように住信SBIネット銀行カードローンでは勤務先への在籍確認の電話を省略させることはできませんが、実際にはそれで不都合になることはありません。審査が厳しいと印象がありますが、これは金利の低い銀行カードローンを利用するためなので、よほどの理由がない限り我慢しましょう。どうしても電話されるのが困る場合、他のカードローンを利用するしかありません。

 

 

在籍確認の電話なしで利用できるカードローンとしては消費者金融を検討すると良いでしょう。金利が高くなるので返済の負担が大きくなる、総量規制の対象になるので年収の3分の1までしか借りられないなどの問題点はありますが、基本的に銀行カードローンは一部を除いて電話確認を避けることができません。

 

消費者金融を利用する場合でも、どこでも対応しているわけではないので確認が必要です。公式サイトの申し込み方法を見ても記載されていないので、口コミで対応している業者を探し、申し込みの際に事情を話して電話以外の方法で在籍確認をしてもらえないか相談を行いましょう。

 

 

銀行の場合、選択肢がほとんどありませんが、在籍確認そのものを省略できるところがあります。これは貸し倒れの危険性を抑えるために借入限度額の上限が50万円程度と低めになってしまっているので、高額の借り入れを希望しているのであれば利用できませんが、少額であれば十分です。

 

特徴としては銀行なので法律上の収入による借り入れ額の制限がないため無職であっても契約可能としていることであり、収入を問わないので在籍確認を行う必要がなくなっています。ただし、無審査で契約できるということではないので審査に落ちることもあります。

 

本人に返済能力がない場合でも、家族が返済できることを見込んで少額の融資を行っているものなので、本人が無職で同居する家族もいないような人が申し込んでも審査には通りません。また、在籍確認が不要としていても、返済能力に不審点があれば確認が行われることもあるので、絶対に勤務先に電話がないとは言い切れない点には注意しておきましょう。在籍確認を省略することで貸し倒れの危険性が高くなっているので、金利も他の銀行と比べると高めになっています。