障害年金でもかりれるクレジットカード 仕事場に電話されたくない

障害年金でもかりれるクレジットカード 仕事場に電話されたくない

 

「年金受給者でもクレジットカードを作ることができるのでしょうか?」という質問をインターネットなどでよく見かけますが、実際には可能なのでしょうか。特に病気によって障害年金でもかりれるところはあるのでしょうか。

 

年金受給者がクレジットカードを作れるかどうかは、そのカード会社によって異なってきます。クレジットカードでは審査がありますが、その審査属性の中で年金受給者が「安定した収入」として認められるかで決まってきます。そのため、カード会社によっては「年金受給者でもカード保有OK」というところもあれば、「カード保有NG」というところもあります。

 

年金と言っても様々な種類があり、障害年金のように何らかの病気や障害によって働くことができない人に受給される年金や、サラリーマンなどがもらう厚生年金、個人事業主などがもらう国民年金、公務員などの共済年金などがあります。これらはみな受給額に大きな差があり、中には年金で月に30万円以上をもらっている人もいます。こうした状況であれば、カード会社も優良顧客とみなしカード発行をOKすることがあります。

 

しかし、老齢年金受給者については、受給者が高齢であること・年金だけでは生活が安定とは言えないこと・受給者が死亡した場合にお金の回収が困難な可能性があること、などの理由から審査が非常に厳しいことが予想されます。また、カードを保有できたとしても、その限度額は小さくなる可能性があります。

 

障害年金受給者についても、クレジットカードを作ることは可能です。しかし、元サラリーマンや元個人事業主などと同じように審査が通り安いわけではありません。どちらかと言うと、審査は厳しいことが予想されますが、障害年金受給者であってもクレジットカードを持っている人は多くいるので、諦めずに申し込んでみましょう。

 

年金暮らしの方がクレジットカードを持つ場合の条件としては、年齢が69歳以下であること・年金収入が180万円あることです。それにプラスして、入会しやすいカード会社を選ぶことです。

 

では、障害年金者でも入会しやすいカード会社とはどこなのでしょうか。

 

障害年金受給者でも発行可能なカード会社はいくつかあり、その中でオススメなのは1つめに「楽天カード」です。

 

楽天カードの特徴は、楽天会員であれば年会費が無料であり、高校生を除く(満18歳以上)学生・アルバイト・専業主婦・年金受給者でも申し込みが可能となっています。このカードは顧客満足度ナンバー1にもなったことのあるカードで、今や有名カードの一つです。楽天市場での利用はもちろん、それ以外で使用してもお得なサービスが付いているので、初めて作るカードとしては最適です。また、入会して利用することで5000円分の楽天ポイントが貰えるキャンペーンも行っています。スピード発行も可能で長期間待つこともありません。

 

2つめとして「アコムマスターカード」もあります。このカードの特徴は、3秒診断と即日発行が可能で急ぎの利用者には魅力的なカードです。

 

年会費は無料でパート主婦やアルバイトの学生、年金受給者でも入会が可能です。年齢としては20歳〜69歳までで、アコムの審査がありますが、安定収入がある方なら誰でも可能となっています。スピード発行が可能なので、すぐにクレジットカードが欲しい方や、他のカード会社ではクレジットカードが作れなくて困っている人などにオススメです。

 

その他にも、楽天ピンクカード(女性向けカード)・VIASOカード・ポンタプレミアムプラスカード・オリコカードiBなど、様々なカードで年金受給者でも入会可能となっています。

 

障害年金でもかりれるカードは沢山あるので、根気よく申し込んでみましょう。

 

 

障害者はクレカ作れる?キャッシング枠があるクレジットカードが希望

 

現在ではクレジットカードを所有している方も非常に多く、年会費などを一切無料にしている会社もあるので、負担をなくして便利に利用できるメリットがあります。現金を持ち歩くことに抵抗感を持っている方や、急に大きな買い物をするような場面、キャッシングを利用することを必要に感じるような場面でもクレジットカードは非常に活躍しています。数多くの会社から提供されているもので、一般的なサラリーマンで仕事をしている人は勿論のこと、現在では敷居が低くなっており、アルバイトやパート勤務をしている人であっても発行することは不可能ではありません。肝心なことは働いている立場ではなく、毎月にある程度の収入を得ている方ならば、クレジットカードの審査を通過することができるので、会社員だけではなく、学生や主婦として生活をしている方でも対象になります。

 

一方で障害者になってしまった人が国内では多数存在していることも事実です。障害者といっても仕事を継続している方は問題がありませんが、身体的な理由や精神上の理由によって仕事をすることができない人の中には、無職で生活することを余儀なくされてしまっている人も数多くいます。このような人の中には障害年金を受給できる権利を持っている方も多いものです。

 

障害年金は厚生年金の加入者の場合では1級から3級まで用意されていて、国民年金に加入されていた人のケースでは1級と2級に限定されています。最も安い障害年金に分類される国民年金の2級を事例にした場合では、月に約65,000円の支給に限定されています。

 

一般社会で比較をした場合では、65,000円の収入は決して高くはありませんが、クレジットカード会社によってはこのような障害年金の基礎2級であっても加入することを可能にしている会社が実在していることも事実として挙げることができます。

 

キャッシング枠があるクレジットカードを希望している人も多く、この点については審査に不安を抱いてしまう人も多い傾向にあります。しかし、実際にはキャッシング枠を敢えて付けることにより、逆に審査が通りやすいという情報もあるので、まずは申込みを行ってみることが良い方法です。キャッシング枠については年収を考えて決めることも大切なことです。

 

障害年金を得ていて、年収が約80万円の人のケースでは総量規制によって年収の3分の1までと決められているので、20万円程度に設定をする方法で問題をクリアすることができます。クレジットカード会社によっては障害年金に対応していない会社が存在しているので、まずは、インターネット上で調査を行ってみることも一つの方法です。何かの記事や宣伝などを目にして、お目当てにしている会社のカードを発行しようと考えた場合、その公式ホームページをチェックしてみることが先決です。申込み専用のフォームというものが用意されているのですが、その中に就業先関連の項目があります。

 

選択可能な項目には年金受給者という項目がある会社も複数存在しているので、選択肢がある場合では審査を通過することも決して不可能ではありません。その後は得ている年金額を正直に記載することになり、次にキャッシング枠を決める必要がありますが、年収を考えて選択することにより、問題は無いものと判断されるケースが多々あります。クレジットカード会社によっては審査の段階でどのような年金を得ているのかの問い合わせが来る場合も見られますが、その際には障害年金を貰っている趣旨を伝えることにより、問題は起きません。

 

結論として障害者で尚且つ仕事が出来ない人、さらに障害年金を受給している人であれば、無職であってもクレジットカードを作ることは不可能ではありません。キャッシングを利用することを検討している方でも、年金受給者の場合では逆に定収入を得ていると判断される可能性が非常に高いので、信頼できる人物として契約できる可能性も十分にあります。

 

会社によって違いというものはありますが、審査に関しては自己申告のみで簡単にクレジットカードを作ることができる会社も存在しています。そのため、仕事ができなくなってしまった障害者の人でも問題にならずにクレジットカードを発行することができる環境が整っているので、不安に感じている人でも安心して申し込みを行うことは可能です。

 

ただし、完全に無職で障害年金受給の範囲外になってしまった人のケースでは、簡単に発行することが非常に困難になってしまうリスクがあるので、まずは、障害年金の受給対象かどうかを医師の判断を受ける必要があり、尚且つ診断書を書いてもらい、所轄の役所に申請をした上で、国の判断を待つということが原則です。

 

例を挙げると精神障害の場合では、障害年金の審査に約3ヶ月程度の期間が掛かるので、診断結果を待ってから正式に受給者になった段階でクレジットカード会社に申込みを行うことは基本的なことです。