収入証明書が不要なカードローンについて

収入証明書が不要なカードローンについて

収入証明書が不要なカードローンについて

キャッシングにおいて、最近では銀行系のカードローンで一部収入証明書が審査の際に不要なケースがあります。

 

銀行系カードローンで収入証明書が不要な理由として、

 

利用者が簡単に審査できるのと同時に

 

さらに多くの顧客を獲得したいという側面がある事から、

 

収入証明書を不要としているわけです。

 

また、収入証明書が不要な銀行は、基本的にみずほ銀行、UFJ、三井住友銀行のような

 

メガバンクをはじめ、オリックス銀行カードローンなど資本に余裕があるようなところが多いです。

 

顧客もそれなりの数がいるケースが多く、

 

ある程度ならそういったカードローンサービスをやっても余裕がある面が強いです。

 

最近では大手銀行カードローンを中心に収入証明を不要とするような話があるのです。

 

 

収入証明書が不要な金額につきましては、各銀行で差がありまるので、その点は注意してください。

 

大体100万円くらいまでの借入限度額であれば、収入証明書不要な銀行が多いです。

 

なかには、なんと借入限度額300万年くらいまで収入証明書が不要というような銀行もあります。

 

最近の顧客獲得競争により、こういった面でかなり大きな金額が動くような話でも、

 

大胆に施策を打ってきているような感じがします。

 

【当サイトおすすめ金融機関】

 

プロミス電話確認なしキャッシング

 

Mrカードローンお金借りる

 

セディナカードローン

収入証明書不要カードローンならどこがいい?

収入証明書が不要なカードローンについて

金利のパフォーマンスが一番高いのは、銀行の収入証明書不要カードローンです。

 

銀行の収入証明書不要カードローンを利用するメリットは、何といっても金利が低い点です。

 

銀行によっては、金利2%から14%で借り入れ可能です。大まかに考えてみましょう。

 

借り入れ額が多ければ多いほど2%寄りの金利が適用されやすいと見なすと、いかがでしょうか。

 

(例外もありますが基本、借入金が多いほど金利は低い傾向にあります。)

 

銀行で借りるメリットがわかりやすくなります。

 

収入証明書不要であるため、借入金額に限度はあります。しかし、銀行のカードローンは総量規制対象外です。

 

年収の3分の1の縛りはありません。多額の借り入れに対しても柔軟に対応しています。こちらも銀行で借りる時のメリットです。

 

国内の経済状態から考えられるメリットもあります。国内は金融政策によって通貨の流通量が過去と比較して増えています。

 

通貨が増えている訳です。銀行は通貨を持て余していると考える事も出来ます。

 

それだけキャッシングにおいては借り手有利という訳です。

 

過剰にデフレが進んだ頃と比較するとわかりやすいです。

 

貸し渋りなんて言葉は現在使われていないでしょう。時期的なメリットがあるという意味です。

 

過去15年と比較して今は銀行から借りやすい時期です。

 

金利面でのメリットも大きい銀行から収入証明書不要のカードローンに申し込むのも賢い選択です。

収入証明書なしですぐ借りたいならこの消費者金融

収入証明書が不要なカードローンについて

本当にすぐに借りたい時は、消費者金融の収入証明書不要カードローンが良いです。

 

大手消費者金融のカードローンなら平均で50万までは収入証明書不要で申し込めます。

 

少額借り入れてすぐに完済したい人に最適なカードローンで。もちろん数百万円借りられる消費者金融もあります。

 

消費者金融の金利はやや割高です。50万円なら18%前後です。

 

しかし、短期間に借り入れ、返済すると考えれば、それほど高い金利とはいえず適正な利率とも言えます。

 

無利息期間を設けている消費者金融もあります。

 

こういったサービスを提供する消費者金融から借り入れると、実際の金利を下げる事も出来てお得な借り入れが可能となります。

 

審査スピードが速く、審査に通りやすいメリットもあります。

 

即日借りたい人、数日の内に融資を受けたい人にとって、審査スピードは重要視したいところです。

 

消費者金融の審査は3分から1日程度です。審査の難易度もそれほど厳しい訳ではなく、ハードルも低いため、多くの人が利用しやすい点もメリットです。

 

少額借りて早く返済するなら消費者金融のカードローンです。収入証明書無しでも気軽に申し込めて便利です。

 

アルバイト、パート、正社員など関係なく申し込みが出来て尚且つ、審査にも通りやすいです。

 

消費者金融と言うと明細書が心配な方もおられるはずです。現在はWEB明細に切り替える事で対処出来ますので安心してください。

 

収入証明書不要なカードローンはどれ お金借りる際の審査で電話されたくない

 

収入証明書不要なカードローンであればプロミスのキャッシングサービスがあります。

 

メールアドレスとWeb明細の利用登録をすることで30日間無利息で借りられるというようなものもありますし、50万円までの借り入れであれば、収入証明書不要で免許証だけの確認で手続き可能となっていて、

 

審査は最短で1時間という事になっているのですぐに借りたいというのであればこうしたものを利用しても良いかもしれません。

 

在籍確認の電話連絡が不安というような方の場合は、可能な限り配慮をしてくれるシステムもあって、在籍確認の電話等で質問や要望があるという方は、申込後にすぐにコールセンターに電話に連絡を入れることで配慮をしてもらう事も出来るようです。

 

WEBからの入力の場合はカンタン入力ではなくフル入力をするようにします。カンタン入力の場合は電話確認が必須となっているようですから、これだと電話がかかってくることになります。

 

確認作業に電話がかかってくるかどうかは、気になる人はいるかもしれませんが、それほど大きな事ではないと考えるべきです。むしろ考えなければならないのは返済が確実に出来るかどうかを検討してから、こうしたサービスの利用を擦るようにするという事です。お金がない時にこうしたサービスを利用するのですが、当然返済時には元金にプラスして利息を込みで返済をすることになるわけですから、ただでさえお金がない上にさらにお金が必要になるという契約を、申し込もうとしているという事を忘れないようにすべきです。

 

ですから自分の中で金融機関がするような審査よりもはるかに厳しい審査をして返済をすることが出来るように計画が立った後で利用をすることを検討するという事をすればいいわけです。自分の中で返済できる計画が出来ないうちに利用するのは本末転倒も甚だしいといわねばなりません。

 

まず自分の返済能力を考えなければ、人さまからお金を借りるなどというような事はしてはならないという事です。ましてや、元金以上の負担がかかるわけですから、それはちゃんと返済計画を作って返済が出来る事を確認したうえで、キャッシングなどのサービスを利用することが必要になります。

 

金融機関がする審査というのはあくまで金融機関が独自にしてている審査であって本人確認の有無なども金融機関の独自の考え方による審査基準によるものです。これは返済能力があるのかどうかという事を調べているのであって、返済が実際にできるのかどうかとは別問題だという事を知っておく必要があります。審査が通ったから自分には返済できる能力がある事が証明されたというわけでも何でもありません。自分の中では金融機関がする以上の審査をして、そこを通ってから利用を検討するという事を考えるべきという事になります。

 

この時にどうしても考えなければならないのは金利負担を含めた計算という事になります。人によってはこの金利負担を考えないでざっくりとした計算をするという人もいますが、計算はしっかりと金利も含めて考えることも大切です。

 

というのは、お金が無いわけですから、金利負担を無視できるほどの余裕はないからです。場合によっては金利負担分しか返済していないというようなことになれば、元金は一生減る事はなく、生きている間ずっと金利負担だけを返済し続けるというような事にもなりかねません。

 

それがどれほど辛い事なのかは想像してみることも嫌になるぐらいでしょう。借金は減らしていかなければ楽になる事はありません。そう考えると金利負担がいかに大きなものかという事も分かるはずですから、これを抜きにして計算をすることはあり得ません。

 

単純に年利10%の金利だと考えて120万円を借りた時に、年間で12万円を返済しなければならないとすると、毎月の返済は金利分だけで1万円となります。これが無視していい金額にはならないという事はもう分るでしょう。

 

年間にして12万円ものお金を、お金がない人が作らなければならないわけですから、この負担を考えない計算をしても意味がない事はもう分ったでしょう。もし、毎月1万円だけをへんさいしていた場合には、一生死ぬまで返済を続けることになるという事になり、120万円で自分の人生を全て借金の返済に使うというような事にもなりかねません。

 

これを10年続ければ120万円を負担し続けることになり、20年すれば元金の2倍の金利を払う事になります。100年続ければ元金の10倍の金利を負担することになるというわけ。これがいかに恐ろしい契約なのかという事が分かるはずです。ですから金利というモノは必ず掲載しなければならないという事です。

 

お金を借りるという事はとんでもなくデリケートな話で、ましてや見ず知らずの人からお金を借りるとなれば、それ双方の覚悟というモノが必要になるという事です。金融機関の在籍確認などはこうした金利負担に比較すれば大したことでも何でもない事がわかってくるはずです。