事業者ローン審査職場連絡

事業者ローン審査職場連絡あり?在籍確認が不安なら

事業者ローンというのは、文字通り貸金業者によって事業者が利用することが可能な特別なローンのことを意味します。

 

事業者ローンは大きく分けるとビジネスローンと呼ばれる比較的大きなお金を提供してもらうことが可能なローンと、一般的な消費者と同じように少額融資のサービスを利用することができるキャッシングに大別することが出来ます。

 

これらの内、在籍確認が必要になるのは後者の少額融資に関する融資ということになりますので、前者の比較的大きなお金を貸してくれる事業者ローンには全く関係のないことであるということを理解しておく必要があります。

 

そもそも、在籍確認というのは貸金業者が融資の審査を簡単なものにするために行う収入を確認するための勤務先への確認の電話のことを指します。

 

本来、本人がどの程度のお金を得ることができる立場にあるのかは、収入証明書を提出させるなどして確認することになるのですがこうした書類審査を行っているとどうしても時間がかかってしまいます。

 

一般的な貸金業者は即日審査の即日融資によって多くの消費者に現金を貸していますので、審査に時間を割くような事はできない事情があるのです。

 

事実、貸金業者の殆どは無人の店舗やインターネットなどの申し込みフォームなどを用意して簡易的に審査を進めることができるように工夫をしています。こうした方法が提供されているのも、融資の際に時間を割くことを無くすように努力しているからにほかならないのです。

 

 

在籍確認のときには、勤務先に電話をすることになりますが本人が事業者である場合には本人の会社に対して電話をすることになります。この時に、本人が事業者であってその会社が本人が経営している会社であるということをわざわざ宣言する必要はありません。

 

上記で述べたとおり、貸金業者がキャッシングを提供する時にはそもそもそのような面倒な審査を求めていないからです。在籍確認という審査そのものを誤解している人は非常に多いですが、この審査で聞かれることは本当にその会社に本人が存在しているのかどうかの一点だけです。その会社で働いている本人が普段何をしているのか、給料はどの程度あるのか、勤続年数はどの程度なのかと言ったプライバシーに関する情報は一切聞かれません。

 

本人が会社に勤めているという事実を確認することができればその時点で審査は終わりますので、審査に関して早い人であればわずか1分程度で終わらせることが出来ます。これは、本人が事業者で会社を経営していたとしても何も変わらないので誤解をしないように気をつけておく必要があります。

 

 

では、事業者ローンをビジネスローンとして利用する場合にはどのような審査が進められるのでしょうか。そもそも、大きなお金の融資を貸金業者で相談する場合には、在籍確認という審査そのものは行われません。

 

この確認の審査は、元々返済能力を確かめるための審査に他ならないわけですから、より多額のお金を借りたいという相談があればそれに見合った別の収入の審査を行う必要があります。事業者専用の大きなローンを使いたい場合には、在籍確認ではなく書類を利用した審査を行うことになりますので、この点はキャッシングとは全く手続きが異なっていることを知っておくことです。

 

 

キャッシングは、貸金業法に定められている少額での融資に関するサービスであるため、融資の限度額を年収を基準として決められています。年収の三分の一を限度として融資が行われますので、事業者が大きなお金を借りたい場合にはそもそもこのサービスを利用することは理にかなっていません。

 

また、年収を基準とした限度額があるからこそ在籍を確認する審査である程度の収入さえ確認できればお金を貸すことができるようになっているとも言えます。年収を超えない範囲で融資さえ行っていれば、融資に関する契約で貸金業者と消費者で債務のトラブルが発生する確率が低くなるからです。

 

 

一方で、事業者ローンを多く借りる場合には、もはや少額融資とはいえないので貸金に関するこうした少額融資の法律的な規定がそもそも適用されません。

 

ですから、会社の在籍を確認して収入を確かめると言った審査を進める必要性もなくなるのです。多額の融資をしてもらうことが可能な事業者ローンでは、上限が5000万円近くまで設定されていることが多く、その名前の通り事業を進めていくうえで必要不可欠なお金を融資してもらうことが出来ます。

 

その反面、在籍を調べるような簡易的な審査ではなくより厳格な審査を求められるようになるのです。

 

 

このように、根本的にローンの内容によって事業者に対する融資の条件やそれに関する手続きは異なります。確かに、貸金業者はキャッシングという融資を提供しているのですが、事業者に対してはそこからさらに二つの選択肢が存在するということを覚えておく必要があります。状況に応じてこれらのサービスを使い分けることができるのが事業者のメリットと言えるでしょう。

 

 

事業者ローンは無担保で借りれる?ビジネスローン比較と審査の厳しさを徹底比較

 

事業者ローンの場合、事業性を目的としたものであるため、個人が利用するローンに存在する総量規制の対象にはなっていません。そのため、所得が少ないから借りるお金は限定されるということがないため、安心してお金借りることができるようになります。

 

特に、収入のめどが立っていて、突然の出費に対応をしなければならない時などは事業者ローンの存在が非常に助かります。例えば、従業員に対する給料の遅配を防ぐため、不渡りを出さないようにするため、その場をしのぐために借りて、お金が入ったらそれを返すという使い方が一般的です。

 

この時に、無担保でも利用をすることができるのかという点です。この場合、担保はいりません。無担保で借りることができるようになっています。

 

銀行に融資をお願いする場合、場合によっては担保を用意し、それでお金を借りるだけでなく、事業計画書の提出を求められて、それでようやく借りることができたり、事業計画書の内容があまりよくないことから融資を断られたり、融資額が少なかったりする問題が出てきます。その点、事業者ローン、ビジネスローンは基本的に事業計画書の提出を求められず、簡単に借りることができます。

 

ビジネスローンを比較した場合、ビジネスローンに特化した金融機関や信販会社系、銀行、ノンバンク系などに分けることができ、それぞれでメリット、デメリットがあることに気づきます。

 

ビジネスローンに特化しているかどうかに限らず、どこでも銀行の融資と同じように決算書や確定申告書、登記事項証明書などを提出することになります。ビジネスローンに特化したところの場合、ファクタリングや設備投資のリースなども一緒に提供をしている場合があり、経営者にとっては利用しやすいものが揃っています。そこが人気となる部分と言われています。

 

信販会社系の場合、使途が自由に設定されていたり、すぐに審査をしてくれたりするのがポイントです。事業資金だけにしか使えないというものもありますが、例えば、税金の支払いに使う、借り換えに使うなど個人的なものにも応用することができるため、その点は効率的です。

 

しかも、優待を受けることができる場合があり、ホテルなどの宿泊施設を安く利用することも可能になっています。

 

また、特定の場所で出店をしている企業だけが使えるビジネスローンというのもあり、金利を安くして利用をすることができるようになっています。

 

一方、銀行の場合はその金利の安さが特徴です。大手メガバンクのビジネスローンは最高1億円まで借りることができ、しかも担保もいらず、金利も低いというものになっています。

 

もちろん、債務超過がないことや税金の未納がないことなど当たり前なことができているところしか利用ができませんが、大口の融資にも対応をしてくれます。ただ、事業者ローンの本来の利用の仕方である、収入のめどがあるけど急な出費でお金が必要な場合というのを想定しているため、決済期間が数か月しか用意されていないものもあり、その審査は意外とシビアになりがちです。

 

銀行で借りることができ、しかも、最短翌営業日にはすぐに融資が認められ、それでいて金利が安いというビジネスローンも存在します。担保も保証人もいらず、しかも、決算書が1期分だけでいいため、設立して間もない法人なども利用することができるのがポイントです。

 

ただ、青色申告をしているかどうかが基準となることがあるため、利用するハードルが高い可能性があるのもポイントとなっています。こうしたことを考えると、何かしらのハードルや審査の細かさなどがそれぞれに存在し、それはノンバンク系、消費者金融系でも同じです。

 

無担保で借りることができる分、企業としての実績が大きく問われることになるため、その部分を審査で厳しくチェックされます。金利が低いところは中小企業や大企業に求めるような基準で臨むため、ビジネスローンであってもなかなか借りることができない場合があり、担保がない分、その審査も厳しくなることを知っておく必要があります。

 

担保があれば、最悪の場合はそれを処分して工面をすれば大丈夫ですが、そのアテがないため、確実に返済をしてくれると見込んだところでなければ、貸し出してくれないのが実情となっています。

 

また、法人ではなく、個人事業主であっても積極的に利用することができる場合があります。個人事業主の場合には、銀行系やノンバンク、ビジネスローンに特化したところなどがおすすめです。借り入れが早い分、すぐに行動を起こすことができ、すぐに工面をしたい時などに利用しやすくなります。

 

ファクタリングのように売掛金を処分するケースもありますが、すぐに処分ができない場合などもあるため、あまりおすすめはできません。ならば、その場をしのぎ、確実に売掛金を回収した方がプラスは大きいです。そうしたこともあるため、事業者ローンがおすすめです。