キャッシング電話なしでお金借りれる? 在籍確認は相談できる?

キャッシング電話なしでお金借りれる?

キャッシング電話なしでお金借りれる? 在籍確認は相談できる?

即日お金を借りたい人がキャッシングを選ぶ場合、

 

自分はお金を借りる時に何を重視したいのかを知ることが大事です。

 

じぶんのニーズをしっかりさせて、商品選びと会社選びをすべきですね。

 

人が生活を日々送っていくとき、友人の送別会や冠婚葬祭に出会ったり、

 

断れない先輩との飲み会に誘われたりといろんな場面に直面します。

 

そのような時に、残念ながら手元に資金がなかったり、銀行の預金も底をついていたりしているときがあるものです。

 

このようなときには、キャッシングでお金を借りることもいい選択肢の一つです。

 

 

キャッシングの際に、在籍確認の電話をされたくないという人は多いですが、

 

職場への電話無しでお金を借りられる金融機関はいくつかあります。

 

 

ただし、銀行カードローンは職場電話は回避できません。

 

 

→ 電話無しキャッシング

 

 

じっさいにATMで銀行口座から手数料ひかれるよりも、キャッシングの金利のほうが安いケースもあります。

 

引き出すお金がなかったとき、近しい親戚でも近くに、住んでいれば無理をいうこともできるかも知れません。

 

しかし、お金のことになるとお金を貸してほしいと支援してもらうのも何となく気が重いことも事実です。

 

こんなときにはキャッシングを利用して、ピンチをしのぐのがベターです。

 

特に今では、即日融資ができるキャッシングがかなり多く存在していますから、大いにこの制度を利用すべきでしょう。

 

即日融資ならば、できるだけインターネットからの申し込みおすすめですね。

 

その理由としては手続きのシンプルさがあります。

 

キャッシングの申し込み方法には、電話やFAXなど多くの方法があります。

 

インターネット受付と同時に、身分証明書や収入証明書のデータをその場で送信できるため、

 

一回で全ての作業を完了できます。

 

在籍確認なしで職場に知られずにカードローンでお金を借りる方法 おすすめキャッシングはどこ

 

急にお金が必要となった場合に便利なのが、銀行や消費者金融などが提供しているキャッシングサービスです。

 

キャッシングサービスといっても提供する場所によって変わってきます。一般的にキャッシングは現金を指すことで、お金を貸し付けるサービス全般のことです。

 

主に消費者金融がサービス名として利用していますが、銀行でも使用するケースがあります。

 

一方でカードローンと呼ばれるものはキャッシュカードや専用のローンカードを発行してATMやCDなどからお金を借りられるサービスのことです。

 

また目的別カードローンでは、目的に合わせた借り入れとすることで、通常のキャッシングと異なって有利な条件で借り入れできるのが大きな特徴です。

 

いずれのキャッシングサービスも申し込むさいには審査を受けなければいけません。

 

誰でも利用できるというものではなく銀行や消費者金融からみて、貸したお金を必ず返済してくれると信用される人でなければ審査に通るのは困難です。

 

審査の内容としては本人確認のほか収入に関する確認が行われます。

 

本人確認は本人確認書類などで行われますが、収入に関する確認は在籍確認という形で行われます。

 

在籍確認は職場に電話を掛けるなどして在籍しているかを確認するものです。

 

 

キャッシングサービスを利用するさいの最大のハードルとも言えるものですが、近年は電話による在籍確認を行わないところもあります。

 

この場合には借入限度額が少ない場合に利用できるものですが、消費者金融などが提供するWEB完結サービスと呼ばれるものです。

 

内容としては、提携している銀行に口座を有していることと組合健保など会社組織が運営する健康保険に加入し、その保険証が提示できる場合です。これらの確認作業で在籍確認の代わりとするものです。

 

 

利用条件のハードルは高いですが、すべてを書類で行い、またWEB上で完結できるので、すぐに職場に知られずにお金を借りることができます。

 

これらを提供しているのは銀行系の消費者金融や個人向けキャッシングサービスに力を入れている銀行やネット銀行に多く見られます。

 

またWEB完結サービスでなくても在籍確認を電話以外で行ってくれるところもあります。

 

一方でお金を借りるさいに気になるのが金利です。金利はお金を借りたさいに借りた金額と日数に対して掛けられる手数料のようなもので、年率で表現されます。

 

日本では法律で年率20%を超える金利は設定することができず、正規の貸金業者であればその範囲内での貸し出しとなっています。

 

銀行は法律よりさらに低い利率を設定していますが、いずれにしても信用力の高い人向けのキャッシングサービスでは利率は低めなのが特徴です。

 

在籍確認なしで借りられるキャッシングサービスの場合には、利率は高めで年率13%から18%程度に設定されています。

 

消費者金融の場合には借りやすいメリットがありますが、下限金利が高いので長期間利用しても利率があまり下がりません。

 

銀行の場合には下限金利が低いので長期間利用すれば利率も相応に下がるのがメリットといえます。

 

またキャッシングサービスは利便性の高いローン商品ですから高い利率が設定されているわけで、目的別カードローンの場合には最初から利率が低く設定されています。

 

ただ、目的別カードローンはその日のうちに利用したいといったことや、在籍確認を省略することができませんから、すぐにお金を借りたいといった場合にはやや不向きといえます。

 

いずれにしてもすぐにお金を借りたい場合には銀行や消費者金融などで提供しているキャッシングサービスで、特に即日審査と即日融資に強みがあるものを選ぶことがすぐにお金を借りたいといった場合のポイントになります。