イオン銀行審査

イオン銀行審査の流れ 銀行カードローンでキャッシングしたいなら電話連絡情報をチェック

 

融資商品を利用をしようと考えている方々は、手数料を気にしている事がとても多いです。

 

その手数料は、1年間あたりのパーセンテージで表記されている事が多いですね。手数料が1年間で18%の商品よりは、15%の方がリーズナブルという事になります。

 

ですので人々は、できるだけそのパーセンテージが低い商品を探している事も多いのですが。

 

もしもリーズナブルな商品を考えているならば、イオン銀行カードローンBIGという選択肢もあります。その商品の場合は、他社と比べてもリーズナブルだからです。

 

現時点でのイオン銀行の手数料は、最大13.8になります。その数字は、銀行の中でも比較的低い方ですね。

 

他の所は、14%台や15%台になっている事も多いからです。手数料を抑えて借りたいと考えている方にとっては、イオン銀行はオススメですね。

 

ちなみに手数料は、限度額にも左右される事になります。限度額が高めであれば、手数料は低くなってくる傾向がありますね。

 

もちろんその限度の金額は、審査で決定される事になります。

 

ちなみに上記の13.8%という数字は、現時点のものになります。今後の金融情勢の変化などに伴って、その数字も変わっていく可能性はあります。

 

イオン銀行の特徴と返すのに遅れた時の手数料

 

金融会社から借りた時には、必ず期日が設定される事になります。基本的には、1ヶ月に1回くらいの頻度で返していく必要があります。それに遅れてしまいますと、別途で手数料がかかってしまいますので注意が必要です。

 

基本的にほとんどの会社の金利は、年間18%と設定されている状況ですね。

 

ところが上記のような遅れが発生してしまうと、それが20%になってしまう事が多いのです。しかもそれは日割りで課金される事になりますので、大きな出費になってしまうでしょう。

 

ちなみにそのような割増の手数料は、いわゆる遅延損害金と表現される事が多いです。

 

ところでイオン銀行カードローンBIG分は、そのパーセンテージが少々低めに設定されているのが特徴的です。現時点では、イオン銀行では19.8%と設定されている状況なのです。

 

19.8というのは、他の会社に比べれば微妙に低い数字ですね。他社の損害金の場合は、たいてい20%と設定されているからです。イオン銀行の大きな特徴の1つと言えるでしょう。

 

そして損害金が低めに設定されているメリットは、やはり大きいと考えられます。ですので遅延損害金は、イオン銀行のメリットの1つとも言える訳です。

 

とは言うものの、やはりその損害金が発生しないのがベストです。イオン銀行で借りた時には、決められた日までに必ず返すようにしたいものですね。

 

イオン銀行の更新手続きの特徴

 

お金を借りる為に金融会社での申込みを済ませた後には、定期的に更新の手続きが発生する事になります。

 

その手続きでは、引き続きの利用が可能かどうかの判断が下される訳です。

 

更新の審査に通った時には引き続き利用する事ができますが、通らなかった時には今後の利用は難しくなるケースもあります。

 

ところでイオン銀行カードローンBIGも、そのような更新の手続きが発生する事になります。

 

そしてイオン銀行の場合は、その手続きの日にちがある程度限定されているのが特徴的です。

 

申込をした日から数えて1年後になりますが、その月の7日に限定されるのです。

 

例えば2,016年の4月12日に、イオン銀行カードローンBIGの申込みをしたとしましょう。

 

その時には2,017年に更新の手続きが行われる事になるのですが、2,017年の4月7日に限定される事になるのです。

 

4月11日ではありません。前述のように、7日に限定されるルールになっているからです。

 

かなり特殊なルールを採用している銀行ですね。

 

そして更新の審査に通るか否かは、やはりイオン銀行での利用実績に左右される事になります。

 

ある程度上記の商品での利用頻度が多い方の場合は、たいてい引き続きの更新が行われる事になります。

 

また限度額の見直しなども行われる事になりますので、できるだけ利用実績を積む方が良いと考えられます。

 

明細書は紙媒体でなくWEB媒体になるイオン銀行カードローンBIG

 

イオン銀行カードローンBIGの特長の1つは、明細書です。

 

そもそも金融会社から借りた時には、必ずお金の貸し借りのやり取りが記録されています。

 

紙媒体の明細書などに記録される事になるのです。

 

ところがお金を借りている方々の中には、その紙媒体は敬遠したいと考えている事もあるのです。

 

というのも郵送されてしまうと、困ってしまう方も中にはいらっしゃるのです。

 

例えばご家族に内緒で借りている方などは、自宅に郵送物が送られると困ってしまう事もあるでしょう。

 

ですので紙媒体よりは、むしろWEB媒体の方がありがたい方もいらっしゃる訳ですね。

 

もしもWEB媒体を望んでいるのであれば、イオン銀行カードローンBIGという商品は良いと思います。

 

イオン銀行でも利用明細などは発行される事になるのですが、基本的にはWEB媒体になるからです。

 

ですのでプライバシーを守って欲しいと考えている方にとっては、この銀行はメリットが大きいと考えられるでしょう。

 

しかし実は、この銀行では紙媒体に変更する事も可能です。

 

イオン銀行に伝えれば、WEB媒体ではなく紙媒体で郵送してもらう事も可能なのですね。

 

もっともその際には、手数料なども発生する事にはなりますが。

 

どちらか好きな媒体を選ぶ事ができるのは、イオン銀行の特長の1つですね。

 

毎月7日に自動的に引き落とされるイオン銀行

 

イオン銀行カードローンBIGには、約定返済というシステムがあります。

 

毎月7日に、自動的に引き落とされるシステムになるのです。

 

そして毎月の返していく額は、現在借りている金額の残高に左右される事になります。

 

基本的には残高が高めになると、毎月返す額も高くなっていく傾向があります。

 

例えばイオン銀行で借りている額の残高が、130万円になっているとしましょう。

 

その時には、毎月7日に2万円支払っていく事になる訳です。

 

また残高が230万円の時には、同じく7日に3万円引き落とされる事になるのですね。

 

つまり残高が低くなれば、その分毎月返す額も低くなっていく訳です。

 

ただし毎月の返す額が低くなってしまうと、残高が減るペースもだんだんと遅くなってしまう訳ですね。

 

それを考えれば、随時の返済なども併用する方が良いと思います。

 

資金的な余裕がある時には、どんどん返済をしておく方が、残高もスピーディーに減ってくれるものだからです。

 

とは言うものの、上記の約定返済というシステムはメリットは大きいと思います。

 

随時の返済の場合は、付いうっかり返すの忘れてしまう可能性があるからです。

 

それで情報が記録されてしまうと、後で困ってしまうでしょう。

 

ですので約定と随時返済の両方を併用するやり方が、一番良いと考えられます。

 

ネットで返す事ができるイオン銀行とそのメリット

 

イオン銀行カードローンBIGでは、返す方法は色々用意されています。

 

その中で利便性が良いものの1つは、インターネットでの返済ですね。

 

その方法の場合は、場所を選ばずに返すことができるメリットがあります。

 

ネット回線に接続されている場所ならば、どこでもイオン銀行に返していく事ができるのです。

 

またネット媒体を用いて返済をする方法は、時間に関するメリットもありますね。

 

24時間いつでも、イオン銀行に返すことができるからです。もっともイオン銀行にてメンテナンスが発生している時には、話は別なのですが。

 

それとネット媒体の場合は、プライバシーを配慮できるメリットも大きいと思います。

 

ATMで操作をしていると、それを誰かに目撃されてしまう可能性があります。

 

しかしネット媒体は原則として誰かから見られる事がありませんので、プライバシーを守りつつ返済をする事ができるでしょう。

 

そして操作方法も、特に難しい事はありません。

 

この銀行の普通預金の口座では、ネット媒体で様々な手続きを行う事ができるのですが、

 

カードローンという箇所をクリックして所定の操作を行えば返す事ができるのです。

 

操作方法は特に難しいことは無いと考えられますが、もしも何か分からない点があれば随時イオン銀行に問い合わせてみると良いでしょう。

 

ちなみに問い合わせは、主に電話で受け付けています。

 

イオン銀行カードローンは派遣社員や主婦でも借りれる?即日融資できないと聞いたけど

 

イオン銀行カードローンは派遣社員や主婦でも借りることができるカードローンと言うイメージがありますが、他の金融機関と同じように在籍確認を含めた様々な審査があるので、十分に注意をすることが必要です。武派遣社員や主婦でも借りることができると言う表現から審査が緩いと考える人も少なくありませんが、実際にはしっかりとその審査が行われているのです。そのため一般的な金融機関において審査が通らなかった人については基本的には審査が通らないと考える方が良いものとなっています。

 

一般的な金融機関のカードローンやキャッシングにおいては、収入の少ない派遣社員や全く収入のない主婦等は借り入れることができないと考えられるものですが、イオン銀行の場合には独自の審査によりこれらの人が借り入れを行うことができる場合も少なくありません。その理由は銀行であることから独自の審査を行いその条件を満たせば融資を行うことができる基準を持っているためです。その独自の審査の基準となるのが銀行の様々なサービスおよびクレジットカード等の利用状況に基づいて判断されるものとなっています。

 

イオン銀行の特徴はショッピングセンターやショッピングモールを運営しているイオンが母体となっている点にあります。そのため、ショッピングやクレジットなどで銀行を利用する顧客が多く、ローンやクレジットなども頻繁に行われており、これらの利用状況がキャッシングの審査に対して大きな影響を及ぼしています。さらに銀行であることから住宅ローンやその他のローンのサービスも行っているため、これらの返済状況も審査の条件として利用することができることから独自審査が可能で、本人に収入が現在なくてもローンの利用状況や返済の状況、配偶者や親の財産の状況などを根拠にして融資を行うことができる仕組みとなっているのです。

 

一般的な金融機関の場合には独自に審査基準を設けているところと標準的な審査基準に準じているところがあります。標準的な審査基準に準じているところとしては消費者金融や信販系の会社があり、これらの金融機関のクレジットやキャッシングを申し込む場合にはその審査の条件として信用情報機関の情報を利用することが挙げられています。

 

信用情報機関は様々な金融機関の本人に対する情報を統括しているところで、債務整理や返済の滞り等の情報を集約し利用する金融機関に提供することが業務となっているため、過去にこれらの問題を発生させたことのある人については審査が通らないことが多いのです。またこれらの金融機関の場合には総量規制の制限もあるため、収入が少ない人ほど借り入れができる金額が合計として少なくなるほか、全く収入のない主婦などの場合には全く借り入れができないことになってしまいます。

 

そのため非常に審査が厳しいと感じてしまうことも多いのですが、銀行系の場合にはこれらの信用情報機関の情報のほかに独自の審査基準を合わせて行動するためこれらの人であっても融資が可能となるケースもあるのです。イオン銀行の場合にもこれらの独自の審査基準を利用しているために派遣社員や主婦であってもその条件を満たせば利用できる可能性があります。

 

イオン銀行カードローンを利用する場合に、注意しなければならない事は一般的な銀行のカードローンと異なる点がいくつかあると言うことです。その中でも注意しなければならないのは基本的に即日融資は不可能であると言う点になります。

 

消費者金融においては即日融資が一般的で、金融機関によっては非常に短い時間で融資を行ってくれるところも少なくありません。また最近では銀行系のカードローンにおいても即日融資が一般的となってきており、午前中に申し込めば銀行が閉店する3時までに融資を行ってもらえる場合や、当日に口座に振り込んでもらえる場合も増えていますが、イオン銀行カードローンの場合には規約上最短でも1営業日を経過することになっているため即日融資はできない規則となっています。そのため申し込む場合には注意が必要で、特に急いでいる場合などは申し込みを再考することも必要となり気をつけなければいけません。

 

さらに1営業日と言う規定があるため、土日や祝日などは挟まずに計算をしなければならず、例えば金曜日に申し込んだ場合には土日を挟んで最短でも月曜日の融資となることを意識しておかなければならないのです。

 

反面イオン銀行カードローンは金利が安く利用しやすいこと、また様々な特典を受けられることから非常に人気の高いカードローンとなっている側面もあります。派遣社員や主婦であっても気軽に申し込みができることが大きな理由となっており申し込み行う人も増えている実態もあるため、近年人気のカードローンといえます。

 

ただしその審査については一般的な金融機関と同じように収入確認や在籍確認などもしっかりと行われるほか、即日融資ができないと言う点も十分に意識した上で申し込むことが必要となるのです。