ゆうちょ銀行でお金を借りる

ゆうちょ銀行でお金を借りる 電話連絡なしキャッシングは可能?

ゆうちょ金を借りる方法はいくつかあります。

 

ただ誰でも借りれるというわけではなく、条件はあります。

 

その条件とは「担保がある」ということ。

 

その担保になる対象は

 

ゆうちょ銀行での

 

「財形定額貯金」

 

「財形年金定額貯金」

 

「財形住宅定額貯金」

 

これら定額貯金のいずれかを持っていれば、これらを担保にお金を借りることができます。

 

ゆうちょ銀行で貸付やカードローン、

 

お金を借りることは非常にハードルを感じるかもしれません。

 

しかしある程度ポイントを押さえれば、

 

ゆうちょ銀行でお金を借りることは可能です。

 

郵便局でお金を借りるのとは違いますので、安心してください。

 

定額貯金や定期貯金を担保にして自動貸付を利用することも可能です。

 

普通預金の利用だけでは借りられないので、もしものときを考え、別に定期預金を持っておくのもよいでしょう。

 

また郵便局でお金を借りるには、限度額というものがあり、いくらでも際限なく借りられるというわけではありません。

 

限度額についてはお金の借り方によって違いが出てきます。

 

いずれにしても預け入れ金額の90%の金額までで、たくさん預けてる人は一契約300万円までしか借りられません。

 

また個人向け国債を担保にしてお金を借りることもできますが、こちらは所有している国債の80%までで、かつ200万円までとさらに小額の取引しか受け付けていません。

 

ゆうちょでお金を借りるときは、金銭の貸借に関する契約書を結ぶわけで、その際に必要な書類などを次に説明します。

 

基本的には本人確認書類と印鑑があればよいのですが、本人確認書類は、一般的に本人確認書類として使用される運転免許証やパスポート以外にも、

 

年金手帳、母子健康手帳なども利用できます。今年からはマイナンバーカードでも確認してもらえます。

 

また印鑑証明も本人確認書類になりますが、これはわざわざ取得する必要があるので、あまり便利なやり方とはいえません。

 

郵便局でお金を借りるには当然他の金融機関と同じように審査があるわけですが、常に担保貸付を前提としているために、その審査はあまり厳しいものではな
いようで、担保さえ用意できていれば比較的簡単に借入ができるようです。

 

ここからは個々の商品について説明します。

 

まず財産形成担保貸付がありますが、これは財形定額貯金、財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金を担保として貸付を行っているもので、郵便局またはゆうちょ銀行の窓口から申し込むことができます。貸付期間は最長で2年ですが、持っている定額貯金が2年以内に満期を迎える場合は、貸付期間も満期までの期間となり、2年より短くなる場合もあります。

 

返済についても郵便局、またはゆうちょ銀行の貯金窓口を利用します。

 

次に貯金担保自動貸付ですが、こちらは、定期貯金や定額貯金を担保とするものです。これも財産形成担保貸付と同じく、貸付期間は最長2年で、定期貯金または定額貯金の満期を2年以内に迎える場合は、満期もそれに応じて短くなります。

 

どちらも返済が遅れる場合は担保としている預貯金から自動的に返済額が振り当てられる仕組みになっています。

 

最後に国債等担保自動貸付がありますが、こちらで担保になるのは郵便局またはゆうちょ銀行の窓口で購入した個人向け国債が担保となります。貸付期間は最長で1年と、他の貸付商品に比べてかなり短くなっています。

 

また郵便局にはフリーローンというものも存在します。こちらは申し込み自体は郵便局の窓口でおこなっていますが、スルガ銀行が代理業者になっていて、中身はスルガ銀行と変わらないようです。

 

フリーローンは目的別のローンになっていて、目的は7つに分類されています。

 

郵便局でお金を借りるメリットとしては、審査が非常に簡単であること、また金利が安いことがあげられます。

 

ただその金利の安さは担保を用意していて、返済が遅れた場合は、担保からどんどん返済額が減っていくシステムになっているためで、

 

計画しないで借入をしたら、気が付いたら貯金額がどんどん減ってたということになりかねないので、よく考えた上で借入することが重要です。

 

郵貯で貸付できる?ゆうちょ銀行でお金借りるならどこ

ゆうちょ銀行でお金を借りる場合には、年齢制限があります。年齢制限は、20歳以上になっていますので、未成年者は借り入れすることができません。

 

ゆうちょ銀行の特徴は、スルガ銀行と提携していることです。つまり、郵貯銀行からお金を借りることは、スルガ銀行からお金を借りるのと同じになります。

 

 

お金を借りる場合には、金利などが気になるところです。例えば、カードローンで借りる場合であれば、金利は消費者金融などよりも安くなっています。年間なら、ゼロパーセントから14.9パーセントになっており、融資金額も10万円から500万円まであります。

 

借り入れするときには、総量規制がありませんので、年収の3分の1を超えても問題なく借り入れすることができるようになります。総量規制は、郵貯銀行には適用されず消費者金融やクレジットカード会社などに適用されます。では、いくらでも借りることができるのかと疑問に思うはずです。

 

お金借りる金額はおよそ年収の半分ほどになります。年収と同じだけ借りると、返済できなくなる可能性があるからです。例えば、年収が600万円であれば借り入れすることができる金額はおよそ300万円になる計算です。

 

 

持ち、上限額500万円借りたい場合には、 1000万円の収入が必要になります。つまり、限度額まで借りることができる人は一部の人だけになることがわかるでしょう。

 

 

では、1000万円の人がお金を借りるときは、必ず500万円まで借りることができるかが問題になります。

 

この点について、最初から500万円借り入れすることができると考えている人もいるかもしれません。ですが実際には、それだけのお金を借りるためには一定の時間が必要です。すべての人が限度額を借りることができるわけではありません。

 

いくら年収1000万円であっても信頼がなければお金を借りることはできないでしょう。最初の段階では、50万円ぐらいの貸し付けをしてくれます。

 

その時、しっかりと期限まで返済することができれば、信頼が出てきます。それを何度も繰り返すと、限度枠がアップし、いつの間にか100万円ぐらいまで借りることができるようになります。再び期限まで返済し、信頼を得るとさらにアップする可能性があります。何度か借入を繰り返した結果、最終的に500万円まで借り入れすることができるでしょう。

 

このように、限度枠以外にも極度額の考え方をしておくことが重要です。

 

お金を借りる時には審査が必要です。いくら年齢が20歳以上でそれなりの年収があったとしても、審査に通らなければ意味がありません。

 

審査で重要になってくるのは、信用事故のチェックです。信用事故は、金銭関係でトラブルが生じた場合、個人情報信用機関に情報が登録され、ほかの業者はその情報を閲覧することができるため、自分の会社以外でトラブルが発生した場合でも、それを知ることができます。

 

一度トラブルを起こすと、再び起こす可能性が高いとされているため、しばらくはブラックリストに登録されたままです。そのように考えると、安易にブラックリストの人に対してお金を貸すべきでないことがわかるでしょう。

 

 

では、ブラックリストにはどのような人がいるか問題になります。まず、期限までに返済しない場合はブラックリストに登録される可能性があるでしょう。

 

ですが、一回ぐらい期限までに返済しなかったとしてもブラックリストに名前が登録されるわけではありません。

 

通常であれば、お金の振り込みのし忘れや、すっかり支払い忘れをすることがあるからです。それらすべてをブラックリストに登録してしまうと、膨大な人数が登録されることになります。

 

つまり本当のブラックでないのに登録されていることも起こりうるため、基本的に3カ月以上連続して滞納した場合であればブラックリストに登録されることになります。債務整理をする場合もやはりブラックリストに登録される候補です。

 

債務整理を中でも、かつては過払い金請求をした場合にブラックリストに登録していたことがありましたが、最近は過払い金請求をしたとしてもお金をすべて返済してくれるため、わざわざブラックリストに載せる必要はないのではないかといった議論がありました。

 

その結果、過払い金請求をしたとしてもブラックリストに名前が載らないようになっています。

 

 

ブラックリストに名前が掲載されるのは、債務整理をした場合ですが、特に自己破産は長期的にリストに登録された状態が続きます。

 

例えば任意整理や個人再生であれば、およそ5年間名前が登録された状態で放置されます。ですが、5年以上経過すると、ブラックリストから解除されている可能性があるでしょう。一方で、自己破産の場合は 7年から10年経過しないとブラックリストから解除されません。

 

もしブラックリストに登録されていた人がお金を借りる場合には、ブラックリストから解除されたことと、安定した収入を得ていることが重要になります。少なくとも、ブラックリストに登録された時点では、安定した収入があったといえないためです。